臨床動作法 講読研修2024(Web)

テーマ:「『催眠の科学』~誤解と偏見を解く~成瀬悟策に学び、臨床動作法に活かす」

講 師:宮脇宏司 公認心理師・臨床心理士・臨床動作学講師

    大石敏朗 公認心理師・臨床動作学講師

    吉永弥生 公認心理師・臨床心理士・臨床動作学講師、講師補助・スタッフ

 

概 要:全10回で1回120分 隔週水曜日19:30~21:30(全20時間) 

    欠席者には、オンデマンド配信を予定しています。

    修了のためには、すべての回のアンケートに回答が必要となります。

 

定 員:10名程度

 

内 容:担当講師コメント、サブ担当講師との対談、質疑応答・意見感想交流

    

実 技:別途短期研修会Vol.5として「催眠と臨床動作法」をテーマとした研修会を

    10月14日(月・祝)9:30-16:30(6時間研修)いたします。参加費別途要

 

参加費:15,000円(一般) kscd会員は13,000円  特別会員は10,000円 

     

テキスト:「ブルーバックス『催眠の科学』誤解と偏見を解く」

                                                講談社ブルーバックスB-1153

 

日 程:6月12日(水)~10月23日(水) 19:30-21:30 オフ会10月14日(月・祝)

 06/12 第 1回 ガイダンス・はしがき・催眠を学ぶにあたって

 06/26 第 2回 第1章 催眠研究の歩み   p.15-p.50

 07/10 第 3回 第2章 催眠とは何か    p.51-p.70 

 07/24 第 4回 第3章 暗示の構造     p.71-p.90 

 08/07 第 5回 第4章 催眠法       p.91-p.120 

 08/21 第 6回 第5章 変性意識とトランス p.121-p.132 

 09/04 第 7回 第6章 催眠中の心理現象  p.133-p.164 

 09/18 第 8回 第7章 催眠中の生理現象  p.165-p.176

 10/09 第 9回 第8章 催眠の利用・活用  p.177-p.209

 10/23 第10回 まとめと振り返り 

 

オフ会実施:参加者対象の対面研修会実施 9:30-16:30(6時間研修)

    アスニー山科での1日研修として10月14日(月・祝日)に実施

    臨床動作法短期研修’24 Vol.5として臨床心理士資格認定協会、日本臨床動作学会

    資格認定委員会へ申請