研究会2017年度研修内容(実施済)

【基礎コース】

04/15 「臨床動作法の基礎知識」宮脇宏司・前屈課題

05/13 デモンストレーション肩上げ肩開き課題

06/17 「他の心理療法との異同」宮脇宏司・座位軸づくり課題

07/15 デモンストレーション「動作努力を見立てる」・腕上げ課題

08/19 「見立てと導入」宮脇宏司・動作調べ

09/16 「体験様式をとらえる姿勢の見立て・努力の見立て」・前屈課題

10/14 「援助的介入」・必要十分な動作援助

11/18 「ストレスマネージメントと動作」・導入演習

01/20 「動作法における「こころ」・躯幹のひねり課題 

03/17 「動作課題の一覧・まとめ」・ロールプレイ

 

【実践コース】

04/15 「見立てと導入」・動作見立て:肩上・肩開き課題

05/13 援助的介入支え方・促し方・手の当て方

06/17 デモンストレーション「動作努力を見立てる」・座位軸づくり課題

07/15 躯幹ひねり・肩上げ・肩開き課題

08/19 膝立ち課題左右前後の軸移動

09/16 「危機を活かす」・漸進的筋弛緩法

10/14 「動作法における『こころ』」・立位:重心移動

11/18 腕上げ課題必要十分な動作援助

01/20 タテ系課題・膝前出し課題

03/17 セミライブ ロールプレイQ&A 振り返り 

研究会2016年度研修内容(実施済)

【基礎コース】

04/16 「臨床動作法の基礎知識」宮脇宏司・前屈課題

05/21 <発達>「障碍支援と動作-基礎理論編-」畠中雄平・前屈課題

06/18 「他の心理療法との異同」宮脇宏司・漸進的弛緩法

07/16 <発達>障碍支援と動作-事例編-」畠中雄平・肩上げ肩開き課題

08/20 「見立て」宮脇宏司・動作調べ

09/24 「被災者支援としての動作法」吉永弥生・足・足首課題

10/15 「未定」宮脇宏司・軸作り・ペコポコ

11/26 「臨床現場での導入の工夫」講師・講師補助 導入演習

01/28 「ストレスマネジメントと動作」宮脇宏司・躯幹のひねり課題 

03/18 「動作課題の一覧・まとめ」宮脇宏司 ロールプレイ

 

【実践コース&クライエント体験コース】

年間を通してライブロールプレイ

 クライエント1人に対してセラピスト2~3人

【時間配分】セラピスト3人の場合(セラピスト2人の場合は、動作セッション45分)

 13:30~13:35 研修開始 グループ分け、動作チェック等の記録

 13:35~13:55 第1セラピストによるインテイク

         3人のセラピストによる見立てと課題設定

         講師・講師補助によるSV

 13:55~14:25 第1セラピストによる動作セッションⅠ

 14:35~15:05 第2セラピストによる動作セッションⅡ

 15:05~15:45 第3セラピストによる動作セッションⅢ

 15:50~16:20 全体での振り返りと講師によるSV

 16:20~16:30 記録・アンケート記入

 

※ 別途 実践コース参加者で実戦経験時間数の少ない方を対象とした

 

  臨床動作法基礎力養成コース(さざ波コース)を第1回(4月)から

  第6回(9月)まで設定いたしました。

 

研究会2015年度研修内容(実施済)

03/12 基礎:「動作課題の一覧・まとめ」宮脇宏司 ロールプレイ

    実践:セミライブロールプレイ Q&A 振り返り

02/20 基礎:「こころの二層」宮脇宏司 タテ系課題

    実践:セミライブロールプレイ

01/16 基礎:事例研究 軸作り・ペコポコ

    実践:タテ系課題

11/28 基礎:援助論Ⅰ「見立て」宮脇宏司 動作調べ

    実践:「動作法における『こころ』」畠中雄平 軸作り・ペコポコ

10/24 基礎:デモンストレーション 全身性弛緩法

    実践:肩上げ・肩開き

09/12 基礎:「心理療法論:旧来の方法との異同」宮脇宏司 前屈課題

    実践:「動作療法論:危機を活かす」宮脇宏司 全身性弛緩法

07/11 基礎:「発達障碍と動作」畠中雄平 躯幹のひねり

    実践:「被災地支援と動作法」吉永弥生 立位:重心移動

06/20 基礎:「ストレスマネジメントと動作療法」宮脇宏司・腕上げ

     実践:援助論Ⅱ「援助的介入」 躯幹のひねり

05/16 基礎:デモンストレーション 肩上げ・肩開き

    実践:動作見立て 前屈・立位腕上げ

04/18 講義:「臨床動作法の基礎知識」畠中雄平・前屈課題

    実践:「援助論1 見立てとデモンストレーション」宮脇宏司 前屈課題 

研究会2014年度研修内容(実施済)

【2014年度 基礎コース】

 

第10回 3月21日(土)会場:京都市生涯学習総合センター山科
◎基礎コース 9:15~受付 9:30~12:30 和室
 講  師:宮脇宏司・畠中雄平(質疑応答・実技)
 講師補助:大石敏朗・渡邉啓介・吉永弥生
 講義&実技:「動作課題の種類」
 最終回で修了証が7回以上出席者に手渡されました。 
◎実践&クライエント体験コース 13:45~受付 14:00~17:00 和室
 講  師:宮脇宏司・畠中雄平
 講師補助:大石敏朗・渡邉啓介・吉永弥生
      クライエント体験コース5名の方にそれぞれ実践コースの受講者が2名ついて

      5グループ。インテイク者は45分、その他は30分ずつのセッション。その後

      講師からコメント。
第9回 02月21日(土) 会場:京都市生涯学習総合センター山科
◎基礎コース 9:15~受付 9:30~12:30 和室
 講  師:宮脇宏司(質疑応答・実技)
 講師補助:大石敏朗・吉永弥生
 講  義:「為すこころ~見るこころ」
 実  技:立位課題
◎実践&クライエント体験コース 13:45~受付 14:00~17:00 和室
 講  師:宮脇宏司
 講師補助:渡邉啓介・吉永弥生
      クライエント体験コース4名の方にそれぞれ実践コースの受講者が2名ついて

      4グループ。インテイク者は45分、その他は30分ずつのセッション。その後

      講師からコメント。
第8回 01月17日(土) 会場:京都市生涯学習総合センター山科
◎基礎コース 9:15~受付 9:30~12:30 和室
 講  師:畠中雄平(質疑応答・実技)
      宮脇宏司(質疑応答・実技)
 講師補助:大石敏朗・渡邉啓介・吉永弥生
 質疑応答:実技技術や・日常の臨床について
 実技:軸作り・ぺこぽこ
◎実践&クライエント体験コース 13:45~受付 14:00~17:00 和室
 講  師:宮脇宏司・畠中雄平
 講師補助:大脇真奈・大石敏朗・渡邉啓介・吉永弥生
      クライエント体験コース4名の方にそれぞれ実践コースの受講者が2名ついて

      4グループ。インテイク者は45分、その他は30分ずつのセッション。その後

      2人の講師からコメント。
第7回 11月15日(土) 会場:京都市生涯学習総合センター山科
◎基礎コース 9:15~受付 9:30~12:30 和室
 講  師:畠中雄平(デモンストレーション・実技)
      宮脇宏司(講義・実技)
 講師補助:大石敏朗・渡邉啓介・吉永弥生
 デモンストレーション:胡座座位前屈
 実技:動作調べ
◎実践&クライエント体験コース 13:45~受付 14:00~17:00 和室
 講  師:宮脇宏司・畠中雄平
 講師補助:大石敏朗・渡邉啓介・吉永弥生
      クライエント体験コース4名の方にそれぞれ実践コースの受講者が3名ついて

      4グループ。ほかに2グループでインテイク者は45分、その他は30分ずつの

      セッション。その後全体を2グループに分けてシェアし、講師・講師補助から

      コメント。
第6回 10月18日(土) 会場:京都市生涯学習総合センター山科
◎基礎コース  9:15~受付  9:30~12:30 実習室
 講師:宮脇宏司(デモンストレーション・実技)
 講師補助:大石敏朗・渡邉啓介
 デモンストレーション:「呼吸の動作」「肩上げ」
 実技:漸進性弛緩法
◎実践コース 13:45~受付 14:00~17:00 実習室
 講師:宮脇宏司
 講師補助:大石敏朗・渡邉啓介
  今回は、CL体験者1人に対してセラピストロール3人で6グループで実施。
  振り返りをしました。
第5回 9月20日(土) 会場:京都市生涯学習総合センター山科
◎基礎コース  9:15~受付  9:30~12:30 実習室
 講師:宮脇宏司(講義・実技)
 講師補助:大石敏朗・渡邉啓介・吉永弥生
 講義:「心理療法論:諸法との異同2014」
 実技:肩上げ課題 援助の手、援助の位置を確認しました。
◎実践コース 13:45~受付 14:00~17:00 実習室
 講師:宮脇宏司
 講師補助:大石敏朗・渡邉啓介・吉永弥生
      今回は、CL体験者1人に対してセラピストロール3人で5グループと、動作法

      経験2年未満の方を対象とした実践コースに臨むための知識と技術を確認する

      1グループ5人の2班に分けて実施しました。
第4回 7月19日(土) 会場:京都市生涯学習総合センター山科
◎基礎コース  9:15~受付  9:30~12:30 実習室
 講  師:宮脇宏司(実技)・畠中雄平(講義)
 講師補助:大石敏朗・渡邉啓介・吉永弥生
 講  義:「”<発達>障碍”支援としての動作法」
 実  技:躯幹のひねり課題
◎実践コース 13:45~受付 14:00~17:00 実習室
 講  師:宮脇宏司・畠中雄平
 講師補助:大石敏朗・渡邉啓介・吉永弥生
      今回は、CL体験者1人に対してセラピストロール2人の3人で6グループと、

      動作法経験え2年未満の方を対象とした実践コースに臨むための知識と技術を

      確認する1グループ5人の2班に分けて実施しました。
第3回 6月21日(土) 会場:京都市生涯学習総合センター山科
◎基礎コース  9:15~受付  9:30~12:30 和室
 講  師:宮脇宏司・畠中雄平
 講師補助:大石敏朗・渡邉啓介・吉永弥生
 講  義:「ストレスマネジメントと動作療法」~こころ・ストレス・おばけ~
 実  技:仰臥位腕上げ課題
 書籍案内:セレクション竹内敏晴の「からだと思想」4「じか」の思想月報4に宮脇宏司

      先生が「竹内さんとワタシというおもちゃ箱」を寄稿されています。2014年

      5月30日初版第1印刷発行 藤原書店 3,300円+税
◎実践コース 13:45~受付 14:00~17:00 和室
 講  師:宮脇宏司・畠中雄平
 講師補助:大石敏朗・渡邉啓介・吉永弥生
      今回は、CL体験者1人に対してセラピストロール3人の4人で5グループと、

      動作法経験え2年未満の方を対象とした実践コースに臨むための知識と技術を

      確認する4人の1グループの2班に分けて実施しました。
第2回 5月17日(土) 会場:京都市生涯学習総合センター山科
◎基礎コース  9:15~受付  9:30~12:30 和室
      デモンストレーションでは、臨床動作士・臨床心理士・京都府SCの米田雅彦

      さんに50分のセッションを見せていただき、受講者の皆さんと質疑応答、宮脇

      先生からの 解説がありました。後半は前屈課題。4月の課題から発展して左

      右屈も行いました。
◎実践コース 13:45~受付 14:00~17:00 和室
      今回の実践コースは、CL体験コースの方へのセラピストロールをとるグループ

      と、経験の浅い方を対象とした実践コースに臨むための知識と技術を確認する

      グループの2グループに分けて実施しました。
第1回 4月19日(土) 会場:京都市生涯学習総合センター山科
◎基礎コース 9:15~受付  9:30~12:30 

      参加者・講師・スタッフの簡単な自己紹介の後、畠中雄平先生の講義「臨床動

      作法の基礎知識」と宮脇宏司先生の前屈課題のデモンストレーションをじっく

      り行っていただきました。今年度は例年にましてデモンストレーションを具体

      的な解説を行います。動作法経験2年目の方が「動作のときに、どこをどうす

      るかということを伝えること、伝えてもらうことの大切さがわかりました。」

      という感想を持たれていました。
◎実践コース 13:45~受付 14:00~17:00 

      クライエント体験コースの4名に各3名、2名の有資格者に各3名がつき、イ

      ンテイク、見立て、スーパーバイザーからの指導助言をうけて、3人が順番に

      動作セッションを行いました。最後に振り返りでは援助の手について、また、

      クライエントへの支援を行うのであって、課題をクライエントに行うのではな

      いことなどを振り返り、援助のあり方を確認しました。

【2014年度 実践コース&クライエント体験コース】

 

年間を通してライブロールプレイ

 クライエント1人に対してセラピスト2~3人

【時間配分】

 14:00~14:05 研修開始 グループ分け、動作チェック等の記録

 14:05~14:25 第1セラピストによるインテイク

         3人のセラピストによる見立てと課題設定

         講師・講師補助によるSV

 14:25~14:55 第1セラピストによる動作セッションⅠ

 15:05~15:35 第2セラピストによる動作セッションⅡ

 15:45~16:15 第3セラピストによる動作セッションⅢ

 16:20~16:50 全体での振り返りと講師によるSV

 16:50~17:00 記録・アンケート記入

 

※ 別途 臨床動作法基礎力養成コース(さざ波コース)を設定しました。