継続研修会(2019)

  申込開始は2月~3月を予定しています。

研修会名  臨床動作法 継続研修会2019

 参加費:初級コース42,000円 中級コース42,000円 全日コース72,000円

   日程及び会場  (全10回) 

      第01回 平成31年4月20日(土) 初級09:30-12:30・中級14:00-17:00

   おうみ犯罪被害者支援センター

      第02回 平成31年5月18日(土) 初級09:30-12:30・中級14:00-17:00

   おうみ犯罪被害者支援センター

      第03回 平成31年6月15日(土) 初級09:30-12:30・中級14:00-17:00

   おうみ犯罪被害者支援センター

      第04回 平成31年7月13日(土) 初級09:30-12:30・中級14:00-17:00

   おうみ犯罪被害者支援センター

      第05回 平成31年9月21日(土) 初級09:30-12:30・中級14:00-17:00

   おうみ犯罪被害者支援センター

      第06回 平成31年10月19日(土) 初級09:30-12:30・中級14:00-17:00

   おうみ犯罪被害者支援センター

      第07回 平成31年11月16日(土) 初級09:30-12:30・中級14:00-17:00

   おうみ犯罪被害者支援センター

      第08回 平成31年12月14日(土) 初級09:30-12:30・中級14:00-17:00

   おうみ犯罪被害者支援センター 

      第09回 平成32年1月18日(土) 初級09:30-12:30・中級14:00-17:00

   おうみ犯罪被害者支援センター

      第10回 平成32年2月15日(土) 初級09:30-12:30・中級14:00-17:00

   おうみ犯罪被害者支援センター 

                                                                             

     初級コース   9:30-12:30 動作法の基礎理論と課題体験

      【定例型研修会】臨床心理士資格認定委員会

         ■承認番号:T30042

         ■研修会名:継続研修会基礎コース

         ■承認期間:平成29年4月1日~平成34年3月31日 

     中級コース 14:00-17:00 動作援助の考え方と課題習得

      【定例型研修会】臨床心理士資格認定委員会

         ■承認番号:T30043

         ■研修会名:継続研修会実践コース 

         ■承認期間:平成29年4月1日~平成34年3月31日

    ※ 各コースとも7回以上出席で修了証を発行いたします。

    ※ 日本臨床動作学会資格認定委員会の規定に沿った研修会となります。   

 ------------------------------------------------------------------------------------------

    ☆ 本年度は日曜日に短期研修をシリーズ化して実施します。 

 

継続研修会2019 参加申込フォーム

メモ: * は入力必須項目です

短期研修会(2019) シリーズ1 臨床動作法入門(予定)

  参 加 費:1回8,000円 3回22,500円 <学生1回5,000円>

  会  場: おうみ犯罪被害者支援センター ※JR大津駅から徒歩7分

  対 象 者:初学者(臨床動作法を学びたい医療・福祉・教育・司法矯正・産業領域で

          専門職として活動されている方、この分野を目指す学生)

  講  師:宮脇宏司 

  講師補助:大石敏朗・米田雅彦・他

 集中セミナー(全3回 18時間)

     第01回 平成31年5月19日(日) 受付9:00~ 09:30-17:00 (6時間)

   講義:臨床動作法の概論(1時間) 実習: 

     第02回 平成31年6月16日(日) 受付9:00~ 09:30-17:00 (6時間)

   講義:臨床動作法の見立て(1時間) 実習: 

     第03回 平成31年7月14日(日) 受付9:00~ 09:30-17:00 (6時間)

   講義:動作法を用いた介入(1時間) 実習: 

 

 

関西臨床動作学研究会 継続研修会(2018)

「臨床心理士」資格取得者の研修機会として、承認されました。(平成30年3月26日)

「学校心理士」資格取得者の研修機会として、承認を申請予定

 研修会名  臨床動作法 継続研修会2018

   日程及び会場

      第01回 平成30年4月21日 アスニー山科 和室 終了

      第02回 平成30年5月19日 アスニー山科 和室 終了

      第03回 平成30年6月16日 アスニー山科 和室 終了

      第04回 平成30年7月14日 アスニー山科 研修室1 終了

      第05回 平成30年8月25日 アスニー山科 和室 終了

      第06回 平成30年9月15日 アスニー山科 和室 終了

      第07回 平成30年10月20日 滋賀県教育会館 終了 

      第08回 平成30年11月17日 アスニー山科 終了 

      第09回 平成31年1月19日    アスニー山科 終了

      第10回 平成31年3月16日  アスニー山科 

                                                                             (全10回)

     基礎(初級・中級)コース   9:30-12:30

     実践(Th.ロール/Cl.ロール)コース 13:30-16:30

          ※ 本年度はCl.ロール体験コース実施します。   

          ※ 各コースとも7回以上出席で修了証を発行いたします。

       

 京都ワークショップ【ふぉりせ心理ストレス相談室・当研究会共催】

     初心者・初学者対象研修会

     日程:平成31年2月16日(土) 

     会場:おおみ犯罪被害者支援センター(滋賀県厚生会館1F)

関西臨床動作学研究会(KSCD)主催研修会

<土曜日> 基礎<初級・中級>コース(土曜:AM)

4月(第1回)

 講義:見立てと導入

 実技:見立て演習Ⅰ(姿勢・動作見立て)

5月(第2回)

 実技:デモ1:課題を通してCl.を見立てる

 実技:見立て演習Ⅱ(課題を通した見立て)

6月(第3回)

 実技:デモⅡ:動作努力を見立てる

 実技:見立て演習Ⅲ(動作努力を見立てる)

7月(第4回)

 講義:「体験」様式・過程・内容

 実技:腕上げ(仰臥位・坐位)

8月(第5回)

 講義:必要十分な動作援助

 実技:肩揚げ・肩開き

9月(第6回)

 実技:支え方・促し方・手の当て方

 実技:前曲げ・材軸立て・ペコポコ

10月(第7回)

 講義:危機を生かす

 実技:膝立ち課題(座り込み立ち上がり

11月(第8回)

 実技:膝前出し課題

 実技:重心移動(膝立ち・立位)

1月(第9回)

 実技:導入演習Ⅰ・Ⅱ

 実技:導入演習Ⅰ・Ⅱ

3月(第10回)

 実技:セミライブロールプレイ

 Q&A 振り返り

 

上級実践<ロールプレイ>コース(土曜:PM)

 年間に渡りThロールとClロールを固定し、

 即時的なSVを得ながら動作セッションを

 重ねていく

 

 一般の方の体験参加は、土曜日の午前に開催しております。基礎コースのみ受け付けております。

 会員の方、基礎コースを受講中の方のみ午後の実践コースの体験参加も受け付けております。以下のフォームから申し込みください。

 所属・職名については、現在所属がない方は、元職でご記入いただけます。その際には、「元」とおつけください。

継続研修会 参加申込フォーム

メモ: * は入力必須項目です

初級コース

初級コース(午前)30名 学部生・院生可

動作法の課題の体験を中心に考える方を対象としています。

本年度は原則第3土曜日の午前(9:30-12:30)

動作法に関する講義もしくは事例検討、公開スーパービジョンを1コマ

動作法の課題に関してデモンストレーション、実技を2コマ

参加費:42,000円(一般)

    40,000円(会員)

    37,000円(学部生・院生) 

実践コース

中級コース(午後)30名 初級コースとの連続受講は可能です。

動作法の課題の習得を中心に考える方を対象としています。

本年度は原則第3土曜日の午後(13:30~16:30)

臨床実践を想定し、動作見立て、動作課題の援助方法等を予定しています。

参加費:42,000円(一般) 初級コースと連続受講の場合72,000円

    40,000円(会員)    初級コースと連続受講の場合70,000円

    37,000円(学部生・院生)初級コースと連続受講の場合67,000円

 

クライエントロール体験コース 平成31(2019)年度は実施しません。

クライエントロール体験コース(最大6名) 動作法経験者(原則臨床動作法経験3年以上の会員)を対象としています。

クライエントロールを取り、被援助体験から援助方法についての研修を行います。日本臨床動作学会認定資格の臨床動作士、認定動作士を受験予定の本研究会会員を想定し、優先するコースです。平成31年度は休講いたします。